ホーム > 地域 > 南万騎が原の歴史

南万騎が原の歴史

万騎が原の歴史で有名な話しが鎌倉時代初期に源頼朝の有力な御家人「畠山重忠の乱」である。

鎌倉幕府の内紛で武蔵国の有力畠山重忠が武蔵掌握を図る北条時政の策謀により、北条義時率いる大軍に攻められて滅ぼされた事件である。

今の横浜市旭区万騎が原あたりで畠山重忠は、討たれたという歴史があり、その名残で「万騎が原」という地名になったとされる。

地元では、万騎が原の物件は、「戦国武将の霊が出る」なんて言う噂もある位だ。

しかしながら、今の万騎が原は、とても静かな住宅街で、二俣川にも歩け南万騎が原からも歩けるので人気のエリアとなっている。

南万騎が原の不動産を探す機会が有れば地元の不動産会社の営業マンで有れば、そんな話しを詳しく聞けるだろう。


関連記事

南万騎が原の歴史
万騎が原の歴史で有名な話しが鎌倉時代初期に源頼朝の有力な御家人「畠山重忠の乱」で...
テスト
テスト記事です。...